手続きをしっかりする

けが交通事故による上肢機能障害などの後遺障害についての認定では、事故後の治療の流れ例えばリハビリなどを継続していき、病院の医師からの症状固定という診断を受けることとなります。この診断を受けた時点から後遺症の認定てつづきがはじまります。事故による後遺障害の種類にはさまざまなものがありますが、いずれにしても治療を長い期間を続けていくとしても、現状以上の回復は見込めないことを後遺症認定と言うものになります。この判断基準となる期間は、およそ半年ほどとなります。交通事故の被害で負ってしまった後遺障害に関しては、被害者が申請を行う場合と保険会社が申請を行う場合があります。

上肢機能障害の場合は、他の後遺障害に比べると比較的認定されやすいものとなりますが、認定には立証が必要となります。医師が自ら作成した診断書や、検査などの画像などが請求時には書類として必要となりますので、これらの物をそろえておく必要があります。また、上肢機能障害では、いくつか等級に分かれています。この等級は、障害の度合いによって分けられています。書類などに記載された内容を審査したのちに後遺障害の等級認定を受ける形となります。こうした手続きには、弁護士に相談することで申請から胃必要な物事は弁護士が行ってくれます。