交通事故の後遺症

交通事故で負ってしまった後遺症には、さまざまな種類があります。

例えば上肢機能障害の場合は、外傷ということで後遺症ということが比較的立証しやすい障害とされています。

この場合は、上肢機能障害が交通事故で引き起こされたものだと言う証明がしっかりできないと認められることがありません。また、事故による上肢機能障害と認められたとしても認定が軽い場合もあります。

事故によって負ってしまった後遺症は、正しく立証されるためにはそれだけの証拠を集めることが大切です。

上肢機能障害を事故によるものだと立証するには、交通事故を起こしてしまった後に損傷があることが確認できなければいけません。この場合、関節付近の骨折や関節の異常、そしてじん帯やその他の神経などの損傷などがあげられます。

これらの症状が、事故によるものだと言う証明をすることにありますので、事故後の対処方法としては病院へ行ったときには患部を撮影した画像や、MRIで撮影した画像などを残しておく必要があります。この方法では、医学的に事故後の損傷という証明ができます。

こうして事故による後遺障害が立証されることで認定してもらうことができます。後遺障害は、専門的なクリニックでも原因を特定することができます。検査を行い事故によるものだということがわかることで、この場合も立証することができます。

それぞれの地域にある総合病院や専門的なクリニックなどで検査をうけて診断をしてもらいましょう。事故によって負わされた障害がわかれば、慰謝料などの話し合いもスムーズに行うことができます。

関連:手続きをしっかりする

参考元:事故後遺症